カラダノニオイ

日常生活のカラダノニオイを知恵で解決

安価で効果抜群のわきが用アイテム「みょうばん」

制汗から消臭、菌の増殖を押さえ、しかも安価「みょうばん」

漬物や煮物の荷崩れを防いでくれる「みょうばん」。実はワキガに効くアイテムでもっとも安価なものの一つにあげられるくらい臭いのアイテムとして古来より利用されています。

みょうばんで有名なのは「アルム石」。アルム石はみょうばんの塊で天然のデオドラント・消臭剤です。みょうばんの塊のなので消臭、収れん作用による制汗に効果があります。デオドラント商品の成分として含まれていることもあります。

そんな消臭作用、収れん作用に効果のある「みょうばん」ですが、最大の魅力は価格の安さが上げられます。スーパー、ドラッグストア。一般的なお店で購入できる上に100円~200円くらいで購入できます。

自家製できるのが強み、みょうばん水

水に「みょうばん」を溶かすと水が酸性に変化します。ワキガの原因の一つに菌の繁殖があげられるのですが、酸性の水を塗ることで殺菌・抗菌の効果を得られるのです。臭いの原因になっている菌を抑制することで臭いの発生源を断つのに有効ということなのです。

みょうばん水の作り方

作り方は単純に水に溶かすだけなのですが、できた「みょうばん水」の濃さによって皮膚に悪影響を及ぼす可能性もあるので自分に合った適切な量を考える必要があります。

  • みょうばん:50g
  • 水:1500ml

1:30(みょうばん:水)の割合で、みょうばんの原液を作ります。非常にシンプルで簡単に作ることができ、作った原液は適当な容器にいれて保存します。ただ、水道水で作る為長期保存は期待できませんね。冷蔵庫煮いれても半月~1ヵ月位で捨てて作り直したほうがよいでしょう。

当然薄めれば薄めるほど長く残りますし、効き目は弱くなります。5倍~10倍(自身の体に合った濃さで利用)に薄めて気になる臭いの箇所で利用します。

また最初は、10倍といわず20倍でも兎に角、薄めて自分の肌がかぶれないか確認しつつ利用するのが賢明です。安価で作れるのは魅力なのですが、その分手間と労力は必要です。なにより自分に合った濃さでの利用が重要なので、濃度の問題はすごく大事になります。

私も折角なので作ってみたのですが、一度作るのは大変どころか好奇心で大変どころか寧ろ楽しいくらいでした。けどこれ何度も作る事考えるとやっぱりめんどうですね。

最大の問題が持続力なんですよね。私の場合は、汗の臭いとワキガの消臭を期待していたのですが朝塗って昼も過ぎて臭いを確認するとなんとなく臭うような。自分で判る位なので他の人からすると確実に臭いしてたのではないでしょうか。

家庭で使う分には非常に安価で助かるのですが、仕事中は怖くて利用できませんでした。一工夫すれば持ち運ぶ事もできるのでしょうけど私はここでギブアップしました。

 

ミョウバン500g、600円強なので自分で作る事を考えれば相当安く、そして長く使えますね。一ヶ月に一度作ると考えても約10ヶ月作る事ができます。

毎月の習慣化と持ち運びを考えれば心強い、自家製消臭アイテムとして役に立ってくれる事間違いなしです。


      2016/10/04

 - わきがの悩みQ&A